パワーフィネスロッドのインプレ

タックル

今回はホーネットスティンガープラス パワーフィネスロッドのインプレ

おはようございます!ゆりばす.comのゆりです。
今回は、導入してから一番多く魚を触らせてもらっているロッド、ホーネットスティンガープラスのHSPS641MH-MGSについて書いていきます!

まずはスペック

6.4フィートとやや短めのミディアムヘビーパワー。
ルアーウェイトは1/16oz~1/2oz、ラインは4lb~20lbでPEはMAX20lbです。

リザーバーのカバーで、ライトリグを使ったパワーフィネスを実現する専用ロッド。
カバーの釣りにおいて「小さいルアーをカバーの奥へ入れる」事は、絶対的な武器となります。
ヘビーカバー へ ライトテキサスやノーシンカーリグ等でアプローチし、PEラインを使用したフィネスな釣りを行い、ビックバスを掛けたら船ごとカバーに侵入してキャッチする「大胆ながら絶対的な釣果をもたらす極限のパワーフィネス」。 
ナノカーボンを採用したネバリのあるブランクスが、フィネスな操作性と、パワーフルな釣りを両立させました。
リザーバーのカバー攻略に新たな切り口を提案する1本です。 

ピュアフィッシングジャパンHPより引用

メーカーHPではリザーバーにおけるパワーフィネス用のロッドとして紹介されています。

ゆり的な使い方

ボートでの使用がメインのシーンに想定されていますが、私はおかっぱリでもボートでも使用してます。
メインの用途は何といっても軽め小さめルアーでのカバー撃ちです。
スナッグレスセッティングのネコリグをメインに使用しています。

パワーフィネス用ということで、ティップまでガチガチかと思いきや、以外とティップは曲がってくれる印象です。
なので、おかっぱりで持てる本数が少ないときには1/8ozの小型スピナーベイトなんかも使っちゃいます。

子バスが数釣りできるフィールドでやった感じでは、若干バイトは弾いてしまいやすかったですが、やれないことは無いよ!という使用感です。

そして、本職のパワーフィネスでは、適度に入るティップのおかげでシェイクもしやすい。
アタリもラインからだけではなく、ティップで目視も出来るので、僕的にはありがたい。
ベリーからバットにかけてはMHのパワーが活きていてカバー越しに魚を掛けても不安はありません。
40センチくらいまでしか掛けていませんが、余裕で引っこ抜けます!

もちろんネガティブな部分というか、満足いかないところもあります。
自分的なチューニングですが、このロッドは先重りに感じるので、グリップエンドに少しウェイトを追加(10グラムくらいかな?)しています。
これにより数値的には重くなりますが、重心がリール側に寄ることになり体感では軽くロッドが振れるようになりシェイクがしやすくなります!
リールをつけて、先重りに感じるなら是非試してみて欲しいチューニングです!

価格が安くて購入しやすい

この番手に限らずホーネットシリーズは価格が安いのが嬉しい!色々な番手も買いやすいし、ラフに扱っても大丈夫という心のゆとりも生まれます(笑)今では古いシリーズなので、店頭で新品を買えることは少ないでしょうが、手頃な値段でパワーフィネスロッドが欲しい方にはオススメの一本です!中古だったら黄色いお店とかで見つかるんじゃないでしょうか。

Amazon | アブガルシア(Abu Garcia) バスロッド スピニング ホーネットスティンガープラス HSPS-635ML-TE モバイルロッド バス釣り 釣り竿 スピニングロッド パックロッド 5ピース 振り出し | アブガルシア(Abu Garcia) | バスロッド
アブガルシア(Abu Garcia) バスロッド スピニング ホーネットスティンガープラス HSPS-635ML-TE モバイルロッド バス釣り 釣り竿 スピニングロッド パックロッド 5ピース 振り出しがバスロッドストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(...

インスタグラムで投稿しましたが、今年は後継機種なのかな?ベルサートというシリーズがアブからリリースされるようです!

初期のラインナップではパワーフィネスロッドは無いようなので、今後の展開に期待ですね!

今回は愛用しているホーネットスティンガープラスのパワーフィネスロッドについてでした。
最後まで読んで頂きありがとうございました! 
ゆり

コメント

タイトルとURLをコピーしました